佃煮を産地直送・通販!

佃煮一筋60年!400年の歴史を誇る小豆島醤油を使った佃煮の製造・販売! 初めての方へ 会社概要 お支払い・送料について
小豆島発 つくだに屋さん
送料無料セットご贈答セット佃煮百選讃岐うどん・麺類オリーブ製品菓子・スイーツ本場調味料健康志向飲料業務用佃煮
小豆島より、佃煮・醤油・讃岐うどん・オリーブ製品等も通販。
内祝いギフト 産直セット 佃煮百選
只今オススメの逸品!今月のオススメ商品!
2018お歳暮特集


全国的にも珍しい…!!【創麺屋】小豆島手のべ半生そうめん約3人前(250g)

商品コード:rC07007





ツルンとしたのど越し、コシの強さ!

『半生のそうめん』は
全国的にも かなり“珍しい逸品!”










『創麺屋 店主@中村氏』そうめんを語る

時代と共に便利な機械が出来ても、
それはあくまでも道具でしかない…、

私達がこだわり続けているのは、
昔ながらの「本物の味」

1本ずつ丁寧に延ばす…。
自然乾燥し、再び生麺に戻し、また乾燥…。
1袋ずつ手作業で袋に詰める…。

全ての工程で、「ひと手間かける」
手づくりの製法
がそのまま生きています。



●400年の伝統を継承する手延べ素麺

小豆島素麺の歴史は、日本四大麺処、と言われるくらい古く、江戸時代より、三輪の方面から、その技術が伝わった、とされております。

他の産地と大きく異なる特長としては、麺の中に“島の特産”ごま油を使用している場合が多いことです。
コシの強さに加え、ツルンとした口当たりをご堪能いただけるかと思います。

●手延べへのこだわり

歯ざわりやコシを程よく仕上げるための延ばし加減には、微妙な“勘”が必要なため、手延べは、職人の手によって行われます。
上の写真のように、一本一本、そしてまた一本と心を込めて丁寧に、手作業で行われます。



●半生麺は、ほんとに手間のかかる製法

弊店人気NO.1“讃岐うどんグランプリ乾麺部門1位”さぬき手のべ半生うどんの店主、創麺屋 中村夫妻自信の逸品。

厳選された小麦粉を使い、慶長年間より小豆島に伝わる巻込み引き延ばし法にて製造し、天日干されたそうめんを、再び生麺に戻して、半生に加工するんです。

このひと手間を、惜しまずかけることにより、



をご堪能いただくことが可能となります。

※このそうめんの製造者でもある創麺屋 中村夫妻は、製麺技能士の資格を保有されております。


主原料の小麦粉には、水馴染みの速いものを使用しております。
これにより、弾力的かつ伸展性に富んだ麺が作りやすくなります。
更に、独自の配合を加えることにより、モチのような粘りと甘みが出てきます。







一本一本ていねいにつくりあげる小豆島そうめんを、いちばん美味しくご家庭で食べていただきたいと思い、 “ゆで方のコツ”とつゆのバリエーションを考えました。

ぜひ、ご参考になさって今年の夏はおいしいそうめんをお楽しみください!



茹でる前に必ず、そうめんをお好みの長さに切ります
大きめの鍋にたっぷりのお湯を用意し、沸騰したら、先ほどカットしたそうめんをパラパラと入れ、軽く箸でまぜます。
吹き零れない程度の火加減で約4分湯掻きます。
 

すぐザルに上げ、まず水道水で十分にもみ洗いをして麺の温度を下げます。
麺は少しふやけた状態ですので、できるだけ手早く麺を冷やすことがコツです。


あらかじめボールに氷水を用意しておき、そうめんを入れて完全に冷え切るまでもみ洗いをします。
急激に冷やすことでそうめんが引きしまり、コシがしっかり保てます
 



そうめんはとてもシンプルな食べ物ですので、「つゆ」のアイディアと工夫で美味しさの世界が広がります。
店主@おかだのとっておきの「つゆ」の作り方をご紹介いたします!



おくらと納豆づゆ

みそだれ

*それぞれのつゆの作り方はこちら

鶏肉と野沢菜づゆ

梅肉とねぎとろづゆ





薬味はそうめんの美味しさを広げる必須アイテム。

白ゴマ、すだち、ひかりぼうふう、花穂じそ、しその葉、うずらの卵、白ねぎ、細ねぎ、紅だて、ゆず、みょうが、根わさび、もみじおろし、みつば、土しょうが、オクラなどなど…

お好きなものを、お好きなだけお楽しみください!

旬を感じる具とのコンビネーション、新しい味との出会いも、素朴なそうめんならではの楽しみ方ですね。







画像1
アイテムイメージ
画像1

画像1

販売価格 (税込) 494円
販売期間
2014年6月1日0時00分 ~ 2014年8月31日23時59分